店舗所在地

大阪市中央区大手通1-2-1

大手三谷ビル2F

主な営業範囲

大阪市内24区(中央区・北区・西区・都島区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・西成区・鶴見区・住之江区・平野区)など

訪問可能範囲

案件によって訪問致します。

吹田市、豊中市、箕面市、茨木市、高槻市、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、堺市など

営業時間

(月)~(金) 9:00~18:00

(土) 9:00~12:00

※第2、第4土曜は定休日となっております。ご了承下さい。

スマートフォンの方はこちら

スマホサイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/s/

携帯サイトはこちら

携帯サイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/m/

ブログはこちら

URL

http://ameblo.jp/21yodogawa-blog/

本づくり職人 10のお約束

 物語-人生の様々な断章を、本のカタチにして残したい方が多くいらっしゃいます。そのような方々のために真心を込めて知恵を出し、1冊からの小部数の出版・印刷・出力・製本をお手伝いします。

わたしたちが考える自費出版とは、自分のための本づくりと定義しています。

 出版とは書店やネットで販売することを目的とした事業です。そのため、在庫、流通や宣伝などの費用もかかり、一般的には自己負担となります。わたしたちは、そのようなことに拘らず、自分のために本をつくりたいという方々に無駄のないご提案を通じて、本づくりを応援したいと思います。純粋に自分のためだけの本をつくることを自費出版と定義しています。

納得の品質と価格でお客様を応援いたします。

 自費出版という手法による本づくりの費用は、初めての方には複雑なものです。わたしたちは、目的を具現化する品質と、お客様が納得のいくまでのご説明、さらには無駄のない価格の提案をいたします。

書店やネットで販売する自費出版はお受けいたしません。

 わたしたちの事業コンセプトは、「多くの方々に、品質・価格・工程において、ご満足のいく、自分だけの本をつくって欲しい」ということです。販売を目的に本をつくりたい方は、他のサイトを参考にしてください。当社のわがままに、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

当社の制作・印刷・製本技術によって1冊の本づくりから承ります。

 当社は50年以上前に、図面のコピーを生業として創業しました。そして様々な書籍づくりやパンフレット制作を行うこととなりました。その間に色々な技術や手法を身につけました。1冊でも、100冊でも、1000冊以上でも、同じ品質の本を作ることができます。

作りたい方の思いの実現のためにお客様の立場でご相談をお受けします。

 本をつくりたい方の思いは多様です。またそれは非常に重たいものだと理解しています。そういう「思い=ご要望」を本のカタチにするために、わたしたちは誠意をもってお応えします。編集・印刷・製本の話をするときに往々にして専門の言葉が出てきます。わたしたちはそれらをできるだけご理解いただけるように、平易な言葉と見本などで説明したいと思います。わたしたちは本ができるまでの全工程において、お客様の立場で考え進めてまいります。全てのシーンにおいて、お客様の気持ちを楽にしていただきたいと願っています。

お客様のご要望を仕様書としてまとめ、仕様書に基づき見積書をつくります。

 本をつくるプロセス(全工程)は多く複雑です。その説明をさせていただいた後に、お客様のご要望を「仕様書」という書類にまとめます。そして、仕様書に基づき「見積書」を作成いたします。お客様の疑問を全て解決した上で、双方の合意を得て実際の制作作業にかかります。

ご自分の1冊の本づくりを応援するお手頃な価格を提案いたします。

 わたしたちの技術と設備と職人達とともに、高い生産性によるコスト削減を実現し、お手頃な価格で本づくりをされる方を応援いたします。

見積書にご納得いただいた上で、正式な発注書・請書を交換します。

 わたしたちは、全工程においてお客様に安心をしていただきたいと願っています。そのお約束を文書にして交換させていただきます。お客様からは、仕様書・見積書に基づいた「発注書」をいただきます。わたしたちは同じ内容の「請書(受注確認書)」をお渡しいたします。

代金のお支払い(10万円以下の場合)は、本の納品ご確認後で結構です。

 わたしたちは、本づくりをされる方を応援しています。また、本づくりの思いをお支えしたいと願っています。

お問合せの方にご安心いただくために、また1冊の本づくり(自費出版)の環を拡げるために、10万円以下のお支払いは納本確認後で結構です。また、それ以上のお見積を出す場合も、お支払い条件等は各種準備し、お客様のご要望をお聴きしながら進めてまいります。

10 お客様の書棚に並ぶまで、全プロセスをお客様の立場で考え行動します。

 わたしたちにとって「商品」とは「全工程」と定義しています。商品とは、本というカタチの価値だけでなく、カタチにならないものにこそ真の価値があるものと考えています。それは、お客様とのご相談やご回答のやりとりにおける安心や信頼、そして自分の本を手にされたときの感動だと考えています。作り手だけの考え方から、お作りになられる方のお立場で考えて行動します。