店舗所在地

大阪市中央区大手通1-2-1

大手三谷ビル2F

主な営業範囲

大阪市内24区(中央区・北区・西区・都島区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・西成区・鶴見区・住之江区・平野区)など

訪問可能範囲

案件によって訪問致します。

吹田市、豊中市、箕面市、茨木市、高槻市、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、堺市など

営業時間

(月)~(金) 9:00~18:00

(土) 9:00~12:00

※第2、第4土曜は定休日となっております。ご了承下さい。

スマートフォンの方はこちら

スマホサイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/s/

携帯サイトはこちら

携帯サイトQRコード

URL

http://www.21yodogawa.jp/m/

ブログはこちら

URL

http://ameblo.jp/21yodogawa-blog/

淀川工技社の事業領域

淀川工技社は、コピー・出力をはじめとする紙媒体への複写・印刷はもちろん、スキャニングやデータコンバートによるWebコンテンツ制作など、幅広く情報加工を手がけています。 また、お客様の外注先としてのニーズはもちろん、自社内での制作や出力においてのお困りごと・オーバーフロー作業へのお役立ちを目指しています。

知識社会における、淀川工技社のお客様への価値提供

 ピーター・ドラッカーの言葉に、「事業とは、市場において、知識という資源を経済価値転換するプロセスである。」というものがあります。私たちは「知識(を育てる)農場」で働く「農夫」です。自然の農場は天候などの「外的要因」で大きな影響を受けます。しかし、私たちの農場は成果を得るために「内的要因」をコントロールし、「外的要因」を知的に選択肢、積極的に活用します。

ピーター・ドラッカーの言葉

 「知の循環」プロセスで生成される各種ドキュメントの総合支援サービスをご提供いたします。お客様の経営力向上のお役に立ち、お客様の感動創出を目指します。「知の加工」「知の活用」領域でのお客様における自社内での内製化のご支援もいたします。

知の循環・新たな知の創出

制作・入力(知の加工)

◆企画・制作
企画、デザイン、コピーライティング、編集、撮影、DTP、ホームページ制作、画像処理、Webコンテンツ作成
◆入力・変換・データ作成
スキャニング、エンコーディング、名刺制作、価格などのPOP制作
◆お客様の内製化ご支援
自社内で作成されるドキュメントのデータ編集や出力など、作業中にお困りの際にもお役立ち!

管理・保管・流通(知の共有)

◆ASPサービス・アーカイブ制作・Web配信サービス
コンテンツ配信・共有・検索等の運用管理、紙資料からのWebコンテンツ制作、アーカイブ

出力・加工(知の活用)

◆オンデマンド印刷、商業印刷、軽印刷
パンフレット、チラシ、リーフレット、ポスター、名刺、ショップカード、案内状、封筒、論文、報告書など
◆コピー・複写、大判出力
カラーコピー、モノクロコピー、図面などの大判出力
◆製本・自費出版
ハードカバー、上製本、簡易製本、無線綴じ製本、別製バインダー、自費出版

企業様へのお役立ち

 マニュアルやテキストの1冊単価をもっと下げたいとお考えのご担当者様は非常に多くいらっしゃいます。しかし、1冊単価を下げるだけでは本質的なコスト削減には至りません。マニュアルやテキストは、制作からお客様の手に渡るまでのドキュメントライフサイクルがあります。そのワークフローの検証を通じて、1冊単価を考えることが重要だと考えます。

 わたしたちは、今のお困りごとからお困りごとの源流を一緒に探し、見つめ、解決を考えます。その根本的な作業からムリ・ムダ・ムラの排除を目的とした業務改善が実現されます。そして結果として、トータルコストの削減効果が生まれるものと確信しています。お客様の業務改善・経営革新がなされたとき、わたしたちがお客様のお役に立つことができたといえます。

個人のお客様へのお役立ち

「本」というカタチへのこだわり

 わたしたちは長年の夢として、個人のお客様の「生きた証」を残すお手伝いをしたいと思ってきました。「人生の1頁」「人生の断章」「人生の1カラット」というように、一生懸命に生きてこられた「人生」の一部分をカタチにして残すというお手伝いをいたします。わたしたちの技術と職人魂から生まれる、お客様への強い思いをエネルギーにして、個人のお客様のご要望にお応えしたいと思っています。

なぜ個人のお客様のご要望に応えられるのか

 わたしたちが育ててきたオンデマンド印刷(デジタル印刷)の技術の大きな特長は下記の4つです。

 「必要な情報」「必要な時に」「必要な量だけ印刷し」「必要な人に届ける」

 4つの必要(デマンド)に応えることで、大量印刷に比べてムダをなくすことができます。極端な話、1冊からでも出版ができるのです。